About Us

KOKORO TOWNの家

KOKOROTOWNの家づくり
  • 当社標準仕様
  • 基礎パッキン
  • 床下の換気をするため基礎と土台の間に入れる通気に特化した基礎パッキンです。基礎の立ち上がり部分全周に渡って通気できるため十分な換気ができます。土台がコンクリートと接する従来の使用よりも腐れ、シロアリを寄せつけません。
  • 外素材:15mm厚親水コートサイディング
  • 雨で汚れを洗い流す親水コート仕様の外壁材を使用
  • 防蟻処理
  • シロアリの侵入・被害を防ぐための処理。予防駆除剤などを使用し、木造住宅へのシロアリ被害を防ぎます。
  • ベタ基礎
  • 床面と立ち上がり部分が一体となる強固なベタ基礎工法

Customer service

アフターメンテナンス

KOKOROTOWNの家づくり
  • アフターメンテナンスについて
  • アフターメンテナンス引渡し時
  • 住居のお引渡し時に、
    これからのアフターケアのご説明をさせていただきます。
  • アフターメンテナンス1年目
  • 1年目のタイミングで内装などのチェックを行います。
    気になることはお申し出ください。
  • アフターメンテナンス3年目
  • 内装に加え水回り・設備機器などの点検を行います。
  • アフターメンテナンス5年目
  • 5年目は新築の転換期。
    外壁や屋根などの点検を行います。
  • アフターメンテナンス10年目
  • 10年経過は住宅の節目になる年です。
    塗り替え、藁替えもこの時期に行われることが多く、外壁や屋根などのチェックを行います。

Warranty

各種保証

  1. 住宅瑕疵担保責任保険
  2. シロアリ防除保証
  3. FRP防水保証
  4. 地盤保証
  1. 住宅瑕疵担保責任保険
  2. シロアリ防除保証
  3. FRP防水保証
  4. 地盤保証
  • 住宅瑕疵担保責任保険
  • 新築住宅を供給する事業者には、住宅のお引き渡しから10年間の瑕疵保証責任が義務付けられています。しかし・・・肝心の事業者が倒産してしまい、その後に瑕疵が見つかってしまったら?
    この解決策が「住宅瑕疵担保履行法」という法律です。
    事業者が倒産した後に瑕疵が見つかった場合、お客様に少ない負担で瑕疵の修補が行えるよう、事業者に対して「保険への加入」、または「保証金の供託」にて、資力を確保するよう法律で義務付けられています。
    これにより、肝心の事業者が倒産してしまっていても、お引き渡しから10年以内に瑕疵が見つかった時に、保険金や保証金で修理費用をカバーしてくれます。
  • 瑕疵(かし)とは?
  • 瑕疵(かし)とは、「欠陥」を意味します。この法律で言う瑕疵は、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の欠陥を指しています。
  • 事業者に義務付けられること
  • 品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の施工により、事業者は瑕疵に対する10年間の住宅瑕疵担保責任を負っています。責任履行のために、資力確保として「保険」もしくは「供託」のいずれかの措置をとることが、義務化されました。併せて、新築住宅の建設や販売時には資力確保の措置について、消費者へ説明する義務もあります。
    ※消費者とは、住宅取得者のことです。
  • 住宅瑕疵担保責任の範囲
  • 住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。
  • 木造(在来軸組工法)の戸建住宅の例
  • 鉄筋コンクリート造(壁式工法)の共同住宅の例
  • 保険制度とは
  • 国土交通大臣指定の保険法人が提供する「新築住宅の保険」を利用した住宅は、引き渡し後10年以内に瑕疵があった場合、補修を行った事業者に保険金が支払われる制度です。
  • 消費者を守る仕組み
  • 保険法人への保険金の直接請求
    住宅事業者が倒産しているなど、修補等が行えない場合、発注者・買主は保険法人に対し、瑕疵の修補などにかかる費用(保険金)を請求することができます。(直接請求)
  • 供託制度とは
  • 新築住宅に瑕疵があれば、事業者は補修を行う責任がありますが、万が一その事業者が倒産した場合はこの責任を果たすことができません。このような場合に備えて、事業者が法律で定められた額の保証金をあらかじめ法務局などの供託所に預けおく制度のことです。
  • シロアリ防除保証
  • FRP防水保証
  • 地盤保証
トップに戻る